ハサミやバリカンの手入れはすべき?お手入れ方法や頻度を解説!

公開日:2024/01/01 最終更新日:2023/12/19

疑問

犬の健康を守るためにも定期的なトリミングは大切です。トリミングで使用するハサミやバリカンは、お手入れするべきなのでしょうか。今回の記事では、トリミング用のハサミやバリカンのお手入れ方法について解説します。また、お手入れする頻度や、少しでもハサミやバリカンを長持ちさせたいときのコツも紹介します。

ハサミ・バリカンのお手入れは必要!

トリミングで使用するハサミやバリカンは高価な道具です。一度購入したら長く安全に使い続けたいところでしょう。長く使うためには、こまめなお手入れが必要です。ハサミやバリカンを使用したら、毎回お手入れしましょう。

手間はかかりますが、手入れすることで持ちがよくなります。ハサミやバリカンがもつ本来のパフォーマンスが発揮され、思い通りにカットできます。また、年に1回はプロにメンテナンスしてもらうのもおすすめです。

購入したメーカーによっては数千円でハサミを研いでくれる場合や、ハサミ研ぎの専門業者もあります。しかし丁寧にハサミを扱っていても、汚れやサビがつく場合もあります。傷んだ道具ではトリミングしづらく、犬にとってもストレスです。

ハサミやバリカンをよい状態で長く使用できるように、継続的にお手入れしましょう。

ハサミ・バリカンのお手入れの方法・頻度

安全にカットするためにも道具のメンテナンスは大切です。ハサミやバリカンをよい状態で使用するために、適切なお手入れ方法を知っておきましょう。ここではハサミとバリカンのお手入れ方法や適切な頻度について説明します。

ハサミのお手入れ

トリミングでシザーは使用したら、その都度刃に付着した犬の毛をきれいに取り除きましょう。その際には、ティッシュやシザークロスを利用してください。水気やシャンプーなどがシザーに残っていると、刃が傷む可能性があります。

サビを予防するためにも水気はしっかり取り除きましょう。とくに刃と触点をよく拭いてください。薬剤が付着した際は、布にアルコールを少しふくませて拭き取ります。また、週に1・2回はシザーオイルを注しましょう。オイルの量は1・2滴が目安です。

オイルによって刃に膜ができ、汚れがつきにくくなります。さらに水気からも刃を守れます。つづいてシザークロスで刃を拭きましょう。シザークロスは2・3枚重ねて、指を切らないように気をつけながら刃元から刃先に向けてゆっくりと刃を拭きます。

これらの作業を数回繰り返してください。この際、シザーの開閉に違和感を感じたときはネジ部分を調整しましょう。ネジが緩んでいると力が入り過ぎて、切りづらいために手が疲れやすくなります。反対にネジが固く閉まり過ぎていても、手に負担がかかるため注意しましょう。

バリカンのお手入れ

トリミングでバリカンを使用したら、その都度刃に付着した犬の毛を丁寧に取り除きます。その際には、エアーダスターやブラシの使用がおすすめです。さらに本体から刃を外し、ブラシで上下の刃の間にはさまった汚れや内部を掃除します。

刃の間はバリカン専用の清浄・殺菌スプレーの使用がおすすめです。スプレーを使用することで、常に清潔な状態を保てます。洗浄・殺菌スプレーをかけ終わったら刃を本体に装着し、バリカンのスイッチをオンにしてください。

刃を下向きにすると、洗浄液がすみずみまでいき渡ります。ぬれた状態は故障の原因になるので、内部までしっかりと乾燥させましょう。つづいて刃の全方向からオイルを注油します。このときもスイッチをオンにするとオイルが刃になじみます。

また、替刃駆動部を確認して、グリスがないようであれば補充してください。お手入れをしていてもバリカンの切れ味が落ちてきたと感じたら、刃の交換を検討しましょう。

少しでも長持ちさせたいときのコツ

購入したハサミやバリカンは、なるべく長く使いたいところです。メンテンナンスに気をつければ、ハサミやバリカンの寿命を延ばして長く使い続けられます。ここでは少しでもハサミやバリカンを長持ちさせるためのコツを説明します。

返り刃を取り除く

ハサミを使い続けていると、刃と刃が触れ合うことによって返り刃が出てきます。返り刃とは金属のカスのことで、そのまま放置していると簡単には取れなくなる場合があります。返り刃の付着を予防するためにも、ハサミを使用するたびにきれいなセーム革で刃を拭き取りましょう。

水分や汚れを放置しない

刃に付着した水分や汚れは、放置しないことが大切です。刃に汚れや水分が付着したまま放置すると、刃がもろくなり欠けやすくなります。汚れは付着したらすぐに拭き取り、水分も乾いた布で拭き取りましょう。

また、定期的にネジの部分にシザーオイルを注すと刃の動きがなめらかになります。潤滑油によって刃に余計な負担がかからず、刃の持ちがよくなります。

まとめ

今回はトリミング用のハサミやバリカンのお手入れ方法と適切な頻度について解説しました。トリミングで使用するハサミやバリカンは高価な道具です。簡単には買い替えられないので、できるだけ長く使い続けましょう。

少しでも長持ちさせるためには、こまめなお手入れが欠かせません。使う度に汚れや水分をこまめに取り除くことが大切です。こまめなお手入れは、サビの発生を防ぎ刃がもろくなるのを防げます。定期的にオイルも注して、使い心地よく愛犬をカットしましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

PICKUP TABLE

おすすめのトリミングシザーブランド比較表

イメージ
ブランド名飛燕シザー K9(株式会社ドーワインターナショナル)胡蝶(東京利器)UTSUMI(内海)DOGWELL(東光舎)アートシリーズ(ドリーム産業)Dog Star(天洋)
特徴販売数は欧州最大!アイテムだけでなくアフターフォローにも力を入れています熟練の職人が高品質なハサミを作り続けている、東京の老舗ハサミメーカー創業してから80年に渡り、使う人の目線に立ったシザーを販売している。世界的に有名なブランドを持ち、高品質なトリミングシザーを製造する会社グローバルに活動する、トリミングシザーなどのペット用美容器具メーカー。世界でただ一人の職人が作り続ける、正統派トリミングシザーを販売する会社 
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら