トリミングが必要な犬種とは?その理由とトリミングの目的について

公開日:2024/03/15 最終更新日:2023/12/19

トリミング

いつの時代も、犬は大人気のペットです。さまざまな犬種が存在し、毛質によってはトリミングが必要になるので把握しましょう。ビジュアルを整えるだけではなく、健康管理や安全性を高めるために重要です。ここでは、トリミングが必要な犬種や目的を解説します。愛犬を大切に飼育するために、適切なケアを学びましょう。

トリミングが必要な犬種について

犬種は非常に多く存在しますが、トリミング必須である場合、定期的にトリミングサロンに通いましょう。ここではトリミングが必要な犬種を紹介します。

シングルコートの犬種

トリミングが必要な犬種には、シングルコートの特徴があります。シングルコートとは触り心地にハリがあり、丈夫で抜けにくく、常に伸び続ける毛質です。具体的な犬種はプードルやシュナウザー、ヨークシャテリアなどです。

放置すると毛が長くなり顔を覆い、地面に到達してしまいます。邪魔にならないよう定期的にトリミングをしましょう。

トリミングの工程

まず、全体をシャンプーするところから始めます。家庭でもシャンプーはできますが、犬の性格によっては暴れることもあるでしょう。トリマーはペットのプロなので、スムーズにこなし安心です。汚れやノミ・ダニを綺麗に落とします。

その後、犬種に応じて最適なトリミングを行います。トリミングサロンであれば流行の技術も取り入れているので、おしゃれなカットが可能です。その後、歯磨きや耳掃除、爪切りなど細かいケアも行います。トリミングが不要な犬種でも、細かいケアがしにくい場合はトリミングサロンに通う価値があります

ダブルコートとシングルコートの違い

犬の毛質には、ダブルコートとシングルコートの2種類があります。トリミングやケアの仕方に関わるので、愛犬がどちらにあたるかを把握しましょう。

ダブルコート

ダブルコートの犬種は、しっかりした質感のオーバーコートと、柔らかい質感のアンダーコートの二層構造です。全体的にフワフワした感触が特徴です。オーバーコートは日々少しずつ抜け落ちますが、アンダーコートは換毛期で一気に生え変わります。

春と秋が換毛期にあたるので、こまめにブラッシングをしましょう。具体的にはチワワやダックスフント、ポメラニアンやゴールデンレトリーバーがダブルコートです。

シングルコート

アンダーコートがない一層構造の犬種はシングルコートにあたります。しっかりとした毛質なので抜けにくく、換毛期はありません。しかし、一層構造のためダブルコートの犬種より、寒さに弱い傾向があります。

冬場は暖房や衣服の着用を工夫しましょう。具体的にはパピヨンやシーズー、マルチーズやダルメシアンがシングルコートです。

犬のトリミングは必要?トリミングの目的について

トリミングは愛犬のビジュアルをよくするだけが目的ではありません。犬にとって健康と安全を守る重要なケアのひとつです。ここではトリミングの目的を解説します。愛犬のために理解しておきましょう。

衛生的にするため

トリミング前に、しっかりシャンプーを行い汚れを落とします。また、伸びきって毛玉になるとホコリが付着するため、衛生的に保つことが可能です。さらに、ノミやダニがいても綺麗に落とし、皮膚トラブルを防ぎます。こまめなトリミングは健康管理にとても重要です。

ケガ防止のため

トリミングにおいて、肉球周りの毛のカットは重要です。毛が伸びると、フローリングで滑りやすくなります。腰や足にかなり負担がかかり、骨折や脱臼を起こすケースもあります。

また、体毛を伸ばしっぱなしにすると、歩行で絡まることもあり危険です。愛犬にけがをさせないために、犬種にあったトリミングが必要です。

健康管理やしつけのため

トリマーは犬の皮膚や目や耳などに触れて、健康状態をチェックしています。獣医師ほどの専門性はありませんが、犬の基本知識を学んでいるので心強い存在です。異常に早く気付くことで、愛犬の健康を維持できます。

また、しつけについてアドバイスをもらえることもメリットです。トリミングに通うことで、犬について正しい知識を学べます。

熱中症対策

犬は暑さに弱く熱中症になる危険性があります。そこで、毛の状態を適切に維持しなければなりません。とくに毛の長い犬種は通気性が悪く、熱中症になりやすいので注意が必要です。そこで、サマーカットにトリミングするとよいでしょう。

短く刈り上げたスタイルのため涼しく過ごせます。しかし、カットしすぎると寒くなる可能性もあるので、トリマーに相談して慎重に長さを決めましょう。

ビジュアルのため

家庭では上手にできないトリミングも、プロに任せるとオシャレで可愛く仕上がります。暴れてけがをする危険も回避できます。健康や安全管理が優先のトリミングですが、愛犬を素敵に見せるため飼い主も満足です。

まとめ

トリミングで愛犬が快適に暮らせます。シングルコートの犬種であれば、お気に入りのトリミングサロンを見つけましょう。トリマーによって技術や応対力が違うので、安心して任せられることが重要です。

最近では外からサロン内が見えることもあるので、トリミングシザー裁きをチェックしてみましょう。犬が安全に施術されていれば、信頼できるサロンです。大切な愛犬が健康的に生きるために、トリミングへの意識を上げましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

PICKUP TABLE

おすすめのトリミングシザーブランド比較表

イメージ
ブランド名飛燕シザー K9(株式会社ドーワインターナショナル)胡蝶(東京利器)UTSUMI(内海)DOGWELL(東光舎)アートシリーズ(ドリーム産業)Dog Star(天洋)
特徴販売数は欧州最大!アイテムだけでなくアフターフォローにも力を入れています熟練の職人が高品質なハサミを作り続けている、東京の老舗ハサミメーカー創業してから80年に渡り、使う人の目線に立ったシザーを販売している。世界的に有名なブランドを持ち、高品質なトリミングシザーを製造する会社グローバルに活動する、トリミングシザーなどのペット用美容器具メーカー。世界でただ一人の職人が作り続ける、正統派トリミングシザーを販売する会社 
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら