犬のトリミングの最適な頻度は?サロンと自宅の違いも解説!

公開日:2024/01/01 最終更新日:2023/12/19

期間

犬を飼っている家庭では、定期的なトリミングが必要です。トリミングは犬にとってメリットがたくさんありますが、どれくらいの頻度でトリミングするのがよいのでしょうか。そこで今回の記事では、犬のトリミングの最適な頻度について解説します。また、サロンと自宅でのトリミングの違いについても説明ていますので、ぜひ最後までご覧ください。

そもそも九犬のトリミングはなぜ必要なのか

なぜ犬にトリミングする必要があるのか、理由を知らない人も多いのではないでしょうか。トリミングは犬の見た目をおしゃれにするだけでなく、ほかにもたくさんのメリットがあります。まずは犬にトリミングが必要な理由を説明します。

健康維持

トリミングとは犬の毛をカットして整えることです。トリミングは犬の健康を守るために欠かせません。犬の毛が伸びていると、足元が滑りやすくなったり、地面の汚れが付着しやすくなったりします。さらに湿気により皮膚炎になる可能性があり、注意が必要です。

お尻周りの毛が長いと、便や尿が毛についてしまうため衛生的ではありません。また、目の周りの毛が伸びすぎると視界が悪くなり、毛が眼球に触れて結膜炎になる可能性があります。さらに耳のなかの毛が伸びると、雑菌が繁殖する場合もあります。

このように、犬の毛が伸びすぎていると汚れが付着しやすく、病気に繋がるリスクがあり大変危険です。犬の健康維持のためにも、定期的にトリミングしましょう。

犬も快適

犬は定期的にトリミングすると、おしゃれな見た目になります。また、毛が短くなるとシャンプー後のドライヤーが短時間で終わり、ブラッシングなどのお手入れも簡単になります。さらに、夏場のトリミングは熱中症予防にも効果的です。

夏場は毛が長いと熱がこもりやすくなるので、短くカットしてあげましょう。反対に冬は毛が少し長い方が暖かく過ごせます。季節に合わせて毛の長さを変えてあげると犬も快適です。

トリミングの最適な頻度について

トリミングはどれくらいの頻度ですればよいのでしょうか。ここでは、トリミングの最適な頻度について説明しましょう。

一般的には1・2か月に1回

一般的なトリミングの頻度は、1・2か月に1回が目安です。ただし、毛の長さや皮膚の状態、犬種によっても最適な頻度は異なります。毛が長いプードルやポメラニアンなどは、毛が汚れやすい傾向があります。

そのため毛の長い品種の場合は、1か月~1か月半の頻度でトリミングするのがおすすめです。パグやフレンチ・ブルドッグなどの毛が短い犬種は、3か月に1回程度でも問題ありません。犬種に合わせた頻度でトリミングしましょう。

プロに相談可能

全身のトリミングは数時間かかる場合もあり、犬にも大きな負担がかかります。犬の性格や年齢によってもトリミングの最適な頻度は異なり、老犬になるとさらにトリミングが負担になるため、頻度は少なめにしましょう。

しかし、伸ばしっぱなしもよくありません。汚れやすい部分は簡単にカットして、清潔を保ちましょう。飼い主がトリミングの頻度を判断できない場合は、トリミングサロンへ相談するのもおすすめです。また、動物病院でも獣医師に相談できます。

サロンと自宅のトリミングは何が違うの?

トリミングというとサロンに依頼するのが一般的です。しかし、自宅でもトリミングはできます。サロンと自宅のトリミングには、どんな違いがあるのでしょうか。

サロンのトリミング

サロンでのトリミングのメリットは、飼い主の負担が少ない点です。サロンに犬を連れて行くだけで、あとはプロのトリマーにすべての工程をお任せできます。トリマーが皮膚や毛の状態を確認して、シャンプーとカットしてくれます。

サロンではシャンプーせずにカットすることは基本的にありません。サロンによっては耳掃除や爪切り、肛門絞りも実施しています。トリマーは犬に関する専門的な知識やスキルをもっているので、短時間でトリミングできます。

犬への負担が減り、飼い主にとっても安心です。繰り返し同じサロンを利用すると、犬とトリマーの信頼関係も築けます。

自宅のトリミング

飼い主が自宅でトリミングするメリットは、スキンシップする機会が増える点です。犬との距離が縮まり、信頼関係が深まります。犬が小さい頃から自宅でトリミングしていると、老犬になってからも自宅でお手入れできます。

また、自宅でトリミングする場合は費用を抑えられる点もうれしいポイントです。道具を一式そろえる必要がありますが、最初に購入すれば長く使用できます。ただし、不慣れな初心者がトリミングすると犬がケガする恐れもあるため注意が必要です。

ハサミで全身カットするのは難しいので、まずはバリカンで足裏をカットするなど、部分的なカットから始めましょう。トリミング中は優しく声かけすることも大切です。トリミングが終わったらしっかりほめてあげて、トリミングに恐怖心をもたせないようにしましょう。

まとめ

今回はトリミングの頻度について解説しました。一般的なトリミングの頻度は、1・2か月に1回が目安ですが、犬種や毛の状態、年齢などによっても最適な頻度は異なります。自宅でもトリミングできますが、飼い主の負担が少ないサロンの利用もおすすめです。トリミング初心者なら主にサロンを利用して、部分的に自宅でカットする方法もあります。上手にサロンを活用しながら、愛犬の健康を保ちましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

PICKUP TABLE

おすすめのトリミングシザーブランド比較表

イメージ
ブランド名飛燕シザー K9(株式会社ドーワインターナショナル)胡蝶(東京利器)UTSUMI(内海)DOGWELL(東光舎)アートシリーズ(ドリーム産業)Dog Star(天洋)
特徴販売数は欧州最大!アイテムだけでなくアフターフォローにも力を入れています熟練の職人が高品質なハサミを作り続けている、東京の老舗ハサミメーカー創業してから80年に渡り、使う人の目線に立ったシザーを販売している。世界的に有名なブランドを持ち、高品質なトリミングシザーを製造する会社グローバルに活動する、トリミングシザーなどのペット用美容器具メーカー。世界でただ一人の職人が作り続ける、正統派トリミングシザーを販売する会社 
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら